審査に通らないケースとは

審査に通らないケースとは

キャッシングをする時に、気になるのは審査に通るかどうか?と言う事です。およその目安として、キャッシングの審査に通りにくいケースについてみてみましょう。金融業者としては、お金を貸すからには、確実な返済を見込んでおきたいはずです。当然ですが、借り入れをする場合には安定した収入があるという事が前提です。

 

キャッシングの場合は、アルバイト、パートでも収入が見込めれば審査は通過します。しかし、フリーで仕事をしている方など固定給でない場合には、安定収入と言う判断が難しくなります。このようなケースの場合には、金融機関によって判断が分かれるため借入できない可能性もあると思っておいた方が良いです。

 

さらに、すでに何件か複数の借りれをしている方は、新たなキャッシングの申し込みができない場合が多いようです。目安としては3件以上のの借り入れがある場合には、審査が通る可能性は低いと思っていて下さい。ただし、完済済であれば問題はありませんので、返済してから申し込みをしましょう。

 

信用情報機関に自分の信用情報に事故記録が残っている場合には、審査を通過することは難しいです。信用情報の事故は、例えば返済遅延履歴、返済の踏み倒し、債務整理などが残っている場合には引っかかります。
専業主婦が申し込むカードローンは、自身の信用情報に問題があると、借り入れが難しくなります。